第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議in 岡山 ランチョンセミナー
   災害!そのときCRCは・・・?
〜実体験とリスクマネジメント取組み調査から見る災害時対策〜

2011年9月24日(土)12:00〜12:50 第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 岡山でランチョンセミナー『災害!そのときCRCは…?〜実体験とリスクマネジメント取組み調査から見る災害時対策〜』を開催した。

【プログラム】(進行:治験促進センター)

1)
災害時の治験リスク管理
(PDF形式:9,414KB)
岩手医科大学附属病院 治験管理センター
                            白石省吾
2)
災害時のリスク管理に関するアンケート
(PDF形式:750KB)
日本医師会 治験促進センター


 2011年3月11日に未曾有の大地震が東日本を襲った。
岩手・宮城・福島の東北3県では日常生活や仕事への多大な影響があり、この震災をきっかけに医療機関では東日本のみならず緊急体制について今後の対策を考えなおすことになった。
 治験促進センターでは、このセミナーの開催に先駆け、全国の大規模治験ネットワーク登録医療機関に対して災害時のリスク管理に関してアンケート調査を行った。
 そこで本セミナーは、岩手医科大学附属病院治験管理センターの白石省吾先生をお招きし被災地としての震災の影響、実例、対応等の情報を講演いただいた。また、全国の震災の影響を認識していだくため治験促進センターよりアンケートの調査結果を報告した。

アンケート内容の詳細はこちら
 災害時のリスク管理に関するアンケートの内容 (PDF形式:181KB)
 災害時のリスク管理に関するアンケートの内容(結果含む) (PDF形式:482KB)


掲載の写真、文書等資料の無断転載を禁じます。
  Copyright © JMACCT 公益社団法人日本医師会 治験促進センター All right reserved.