第36回日本臨床薬理学会学術総会
ブース出展

 治験促進センターでは、2015年12月9日〜11日に開催された「第36回日本臨床薬理学会学術総会(東京)」においてブース出展を行った。


≪ブース出展≫
 治験促進センターの活動を周知するために、治験促進センターが提供するカット・ドゥ・スクエアを中心にブース出展を行った。
パネル、チラシでは、「治験実施医療機関情報データベース」、「臨床試験のためのe-Training center 」、「治験計画届出作成システム」についても紹介した。

 ご質問を受けたり、説明を求められたりと約200件の対応を行い、そのうち6割が医療機関であった。医療機関からも治験関連文書の電子化について多くの相談を受けた。

 カット・ドゥ・スクエアについては、本年3月30日に公開したVer6.0の安全性情報管理機能をはじめ、利用申請方法、導入状況、電子化に対応したSOPの作成など質問の内容は多岐に渡った。

 

 


掲載の写真、文書等資料の無断転載を禁じます。
Copyright © JMACCT 公益社団法人日本医師会 治験促進センター All right reserved.