一般市民に向けた治験・臨床研究の啓発活動報告

   平成28年11月5日(土)・6日(日)日本大学医学部 翠心祭・若樹祭


 平成28年11月5日(土)・6日(日)において日本大学医学部のご厚意により翠心祭・若樹祭にて一般の方へ治験・臨床研究を啓発する目的にブース出展をさせていただきましたのでご報告いたします。

【使用ツール ・ 配布資料】
  • * パネルS
  • * パネルS/A用 解答用紙・解説集
  • * コーナーサイン
  • * パンフレットラック
  • ・ ちけん君 ぬりえ&クイズブック 
  • ・ ちけん君 名刺 
  • ♪ 治験ってなんだろう?(こども〜一般向け)パンフレット
  • ♪ 治験は、みらいへの贈り物。(こども〜一般向け)リーフレット
  • ♪ ねぇねぇ治験って知ってる?(こども〜一般向け)マンガ
  • ♪ マンガでなるほど治験ってこういうこと(こども〜一般向け)4コママンガ
【スタッフ数】
治験促進センター 職員 6名 ・ ご協力:日大板橋病院 榎本様

上記ツールを用いたブースでは、説明用パネルSを用いた説明や「ちけん君ぬりえ&クイズブック」を配布して、お子さんはぬりえ、
保護者の方はクイズにチャレンジをしていただきました。
「治験をご存知ですか?」と会話をスタートして、治験・臨床研究への理解をしていただけるよう精一杯活動してきました。
クイズの解説集を渡して間違えた問題はスタッフが解説しました。
子供にも大人にも楽しんでもらえました。


【参加者とコミュニケーション!】
「日本医師会です!皆さんに治験を知ってもらうために活動しています!」と声をかけ会話がスタートします。
ご家族、お子さん連れ、医学部生、看護学生などいろいろな方に声をかけさせていただきました。
ちけん君は何度も登場。「ちけん君だぁ〜」「かわいい〜」の声をもらう中、ちけん君の存在意義を知ってもらえるよう、ちけん君も名刺を配って活動しました。


【今回の実績】
ぬりえ&クイズブック 配布数 約400部


【治験促進センター スタッフの声】

  • ぬりえの企画をしたことで、保護者の方に時間をかけて治験・臨床研究の説明をする時間を作ることができた。
  • 医学生には「国家試験に1問は出ますよ」、看護学生には「将来治験参加の患者さんを担当するかもしれませよ」などと声をかけ、クイズに参加する機会を作ることができた。
  • 子供たちの“ぬりえ”は、元の色にとらわれずおもしろかった。
  • クイズの解説にパンフレットを紙芝居のように利用したら伝わりやすかった。


【今後の活動について】
私たちと一緒に治験・臨床研究の啓発活動をしませんか?活動の場をご提供いただける方もご連絡ください。
公益社団法人日本医師会 治験促進センター啓発担当
TEL: 03-5319-3781  FAX: 03-5319-3790


(*)一般向け治験啓発ツール(今回使用したツール)は貸出しを受付けております。
http://www.jmacct.med.or.jp/jma/keihatsutools/rental/introduction_index.html

(♪)治験啓発資料(今回配布した資料)を無料で提供しております。
https://dbcentre2.jmacct.med.or.jp/webdesk/mt/keihatsu2012/Entry.aspx


【ちけん君ぬりえ&クイズブック】

クイズは、パネルS・Aと同じ内容で作成しました。データ公開中です。


【日本医師会 治験促進センターのブース】

**ちけん君は屋外使用を禁止しておりますが、治験促進センターの管理下において今回は屋外使用をいたしました。


子供たちは“ぬりえ”に夢中!

お子さんが“ぬりえ”をしている間に保護者の方に治験の説明や不正解だったクイズの解説をしました。

 


ちけん君は名刺を配布!沢山の皆さんとパチリ!

 

**ちけん君は屋外使用を禁止しておりますが、治験促進センターの管理下において今回は屋外使用をいたしました。


【ちけん君の名刺】

ちけん君の所属と誕生目的を知っていただくだけでも啓発活動につながりました。データ公開中です。
(ハガキサイズ)


謝辞 日本大学医学部附属病院 臨床研究推進センター 榎本有希子様ならびに医学部学生課の皆様には、心より感謝いたします。



掲載の写真、文書等資料の無断転載を禁じます。
Copyright © JMACCT 公益社団法人日本医師会 治験促進センター All right reserved.