第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 名古屋
共催セミナー・ブース出展

 治験促進センターでは、平成29年9月2日(土)〜3日(日)に開催された「第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 名古屋」において共催セミナーの開催とブース出展を行った。


≪共催セミナー≫
平成29年9月2日(土)に共催セミナー『“今”改めて治験の品質を考える〜医師・CRC・CRAへ 信頼性保証の観点から〜』を開催した。

 ※資料の著作権は演者に帰属しますので取扱いにご留意ください。

   “今”改めて治験の品質を考える〜医師・CRC・CRAへ 信頼性保証の観点から〜   国立がん研究センター
 研究支援センター 副センター長
 佐藤 岳幸

   

ちけん君グッズ引換券兼アンケート用紙を来場者700名以上に配布しちけん君グッズとの引換を行った。

アンケート結果も非常に好評であった。
 とても良かった  47%  良かった  46%  ふつう  4%  その他

 (未回答含む)

 3%

医療機関・IRBが51%、SMOが17.5%、依頼者が18.5%、CROが5%、その他(未回答含む)8%であった。


≪ブース出展≫

治験促進センターはブース展示を行い、来訪者に対してカット・ドゥ・スクエア、臨床試験のためのe-TrainingCenter、治験計画届作成システムなどについて資料の配布と説明を行った。
また国民への治験等の啓発活動について、ポスター発表を実施した。




掲載の写真、文書等資料の無断転載を禁じます。
Copyright © JMACCT 公益社団法人日本医師会 治験促進センター All right reserved.