一般市民に向けた治験・臨床研究の啓発活動報告

   平成30年6月2日(土)、3日(日)北海道大学薬学部 薬学祭


 平成30年6月2日(土)、3日(日)、北海道大学薬学部のご厚意により、薬学祭にて「治験ってなぁに?in 北海道」ブースを出展させていただくことが出来ました。 当日は参加をされたお子様とそのご家族や学生を対象に治験について説明をいたしましたのでご報告いたします。

【概要】
 出展ブースでは、たくさんの人に治験について知ってもらうため、治験の説明コーナーを設け、当センターと北海道大学病院CRCの皆様と協力して治験についての説明を行いました。

【使用ツール(☆)・配布資料(★・♪・〇)】
  • ☆ パネルS
  • ☆ ちけん君 着ぐるみ
  • ☆ パネルS/A用 解答用紙・解説集
  • ☆ コーナーサイン
  • ★ 治験は、未来への贈り物。(こども〜一般向け)リーフレット
  • ♪ ちけん君 名刺
  • ♪ ちけん君 ぬりえ&クイズブック
  • 〇 ちけん君 折り紙 
  • 〇 ちけん君 薬袋(ちけん君お顔シールラリー参加賞) 
  • 〇 ちけん君 カプセル型ボールペン (ちけん君お顔シールラリー参加賞) 
  • 〇 ちけん君 シール(ちけん君お顔シールラリー参加賞)
【スタッフ数】
治験促進センター 職員  5名
北海道大学病院  職員 10名
  

【会場の様子】


【治験の説明コーナー】
 治験の流れや必要性についてパネルを使って詳しく説明いたしました。
 また、思い込みが人に対してどのように作用するのかを知ってもらうために、プラセボについて説明いたしました。


【ちけん君登場】
たくさんの子供たちや学生に名刺を配って自己紹介をしてきました。


【ぬりえ・折り紙コーナー】
「ちけん君 ぬりえ&クイズブック」と「ちけん君 折り紙」を参加者のみなさんに楽しんでもらいました。


【参加者について】
全体では500名以上の子どもたちとその保護者や学生の方々にご参加いただきました。
感想アンケートでは、全体の約95%が「よくわかった・わかった」という結果でした。


【今後の活動について】
私たちと一緒に治験・臨床研究の啓発活動をしませんか?活動の場をご提供いただける方のご連絡をお待ちしております。
公益社団法人日本医師会 治験促進センター啓発担当
TEL: 03-5319-3781  FAX: 03-5319-3790


(☆)一般向け治験啓発ツール(今回使用したツール)は貸出しを受付けております。
http://www.jmacct.med.or.jp/jma/keihatsutools/rental/introduction_index.html

(★)治験啓発資料(今回配布した資料)を無料で提供しております。
https://dbcentre2.jmacct.med.or.jp/webdesk/mt/keihatsu2012/Entry.aspx

(♪)ダウンロードが可能です。
http://www.jmacct.med.or.jp/information/downloads/doc_nurie.html

謝辞 北海道大学薬学部 松田 正教授を始め、当日のご協力を頂きました北海道大学病院の方々に御礼申し上げます。



掲載の写真、文書等資料の無断転載を禁じます。
Copyright © JMACCT 公益社団法人日本医師会 治験促進センター All right reserved.