1. Home
  2. カット・ドゥ・スクエア
  3. 利用申請

カット・ドゥ・スクエア

利用申請

カット・ドゥ・スクエア利用申請の前に

カット・ドゥ・スクエアの利用申請は、組織ごとに必要となります。ここで“組織”とは、“企業”や“法人”といった単位ではなく、治験に関与する“治験依頼者(製造販売後臨床試験依頼者および治験国内管理人を含む)”、“実施医療機関”、“治験審査委員会”、“開発業務受託機関”、“治験施設支援機関”の役割を担う単位を指します。したがって、例えば、実施医療機関の中に治験審査委員会が設置されている場合には、“実施医療機関”と“治験審査委員会”としての申請が必要となります。

なお、利用申請につきましては、ご利用方法に応じてご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。


申請する
カット・ドゥ・スクエア上の役割   治験依頼者  実施医療
 機関
 治験審査
 委員会
 開発業務
 受託機関
 治験施設
 支援機関

 
 実
 際
 の
 組
 織
 と
 そ
 の
 機
 能

製薬企業/医療機器企業    ○        
CRO(国内治験管理人機能有)    ○        ○  
CRO(国内治験管理人機能無)          ○  
医療機関(IRB有)      ○    ○    
医療機関(IRB無)      ○      
SMO      △        ○
IRB機能を有する法人        ○    
治験ネットワーク      △    △      △

△:治験ネットワークまたはSMOとして業務上必要な場合に利用を認めております。
  利用申請の際にご相談ください。


利用申請について

利用申請には大きく以下の2つの手続きが必要です。

  1. 必要事項を記載し、記名捺印又は署名がなされた契約書の送付(送付方法:郵送)
  2. 利用申請ウェブサイトにおける利用申請に関する情報の入力

利用申請をされる方は、以上の手続きを始める前に必ず以下の「カット・ドゥ・スクエア 利用申請の流れ」を確認の上、記載された手順に従って手続きを進めてください。

利用申請

カット・ドゥ・スクエア利用申請の流れ 第2.8版(2016年2月1日) (PDF形式:1.3MB)
カット・ドゥ・スクエア利用規約 第2.1版(2013年4月1日) (PDF形式:386KB)

平成28年2月1日より、治験促進センターウェブサイト上および本システム内における公開不可は認めておりません。
詳しくは「カット・ドゥ・スクエア利用申請の流れ」をご覧ください。


カット・ドゥ・スクエア利用規約等については以下のとおりですので予めご確認ください。なお、これらの文書については利用申請ウェブサイトにおいて適宜表示され、確認を求められます。


利用料を確認されたい方はこちら


セキュリティを確認されたい方はこちら

利用申請のための契約書

 利用規約の確認後、以下から契約書のひな形をダウンロードし、甲の欄に貴組織に関する情報を記載、2部印刷、両方に記名捺印または署名をお願いします。
カット・ドゥ・スクエア利用契約書(入力用) 第2.03版(2013年4月4日) (Word形式:54KB)
カット・ドゥ・スクエア利用契約書(手書用) 第2.03版(2013年4月4日) (PDF形式:215KB)

SMOの方へ

治験促進センターでは、SMOまたはネットワーク事務局が委受託契約に基づき実施医療機関(又はIRB)について利用申請の手続きを代理で行うことを認めております。(なお委受託に関する契約書の写しなどは必要ございません)以下のファイルをご利用ください。

また、SMOと実施医療機関のカット・ドゥ・スクエア上で考えられる関係を図解しておりますので、併せてご確認ください。

委受託契約に基づく医療機関の代理登録用紙(SMO・ネットワーク事務局用) (2016年4月11日) (excel形式:84KB)
SMO必見!医療機関・IRBとの関連付け方法について (2012年6月8日) (PDF形式:320KB)

治験ネットワーク事務局の方へ

治験ネットワークの業務内容によって、必要な契約およびその形態の相談を受け付けております。契約については、別途ご連絡をいただきますようお願いいたします。

カット・ドゥ・スクエア ログイン/オンライン申請

申請する

利用料

カット・ドゥ・スクエア利用料について 第4.0版(2013年10月30日) (PDF形式:100KB)

ページトップへ