1. Home
  2. カット・ドゥ・スクエア
  3. 説明会・評価版について

カット・ドゥ・スクエア

説明会・評価版について

説明会を行っています

治験促進センターでは、地区別に団体、組織のご協力を得てカット・ドゥ・スクエアの説明会を開催しています。

説明会開催場所募集中

治験促進センターではカット・ドゥ・スクエア説明会開催にご協力をいただける団体、組織を募集しております。ある程度の規模(5組織以上または複数組織で20名以上)での開催が可能な場合は画面下部 照会先[お問い合せはこちら]のボタンからご連絡ください。時間・内容のご相談もいたします。
なお、治験促進センターにお越しいただける場合は従来どおり個別にご説明いたしますので、日程や説明内容のご希望等お問い合わせください。

30年度スケジュール
統一書式/カット・ドゥ・スクエア説明会
日程 詳細 定員 会場 状況
10月20日
【医療機関・IRB・SMO向け】
■13:30~16:30
・カット・ドゥ・スクエア概要
・統一書式改訂の経緯とポイントについて
・医師主導治験の安全性情報管理から当局報告まで
・電子化/電磁化の概況
・質疑応答
100名 東北大学
(宮城県仙台市)
実施済み
9月8日
【医療機関・IRB・SMO向け】
■13:30~16:30
・カット・ドゥ・スクエア概要
・統一書式改訂の経緯とポイントについて
・医師主導治験の安全性情報管理から当局報告まで
・電子化/電磁化の概況
・質疑応答
100名 国立病院機構
名古屋医療センター
(愛知県名古屋市)
実施済み

過去の説明会


評価版の貸出しについて 

治験促進センターでは、ご利用を検討される組織に対しカット・ドゥ・スクエアの評価版を提供しております。
評価版とはカット・ドゥ・スクエアを本番同様にトライできる試用環境のことです。
以下の内容を充分ご理解のうえ、お申込みください。



1.一般的な貸し出しによる評価を行う場合

2.治験依頼者等において、バリデーション活動等を継続して行う場合 ここをクリック




貸出すアカウントは、1試験には関連付けされている(治験依頼者・CRO用は実施医療機関1組織のみ。実施医療機関・IRB/SMO用は2つの治験)ので、担当者ユーザーはすぐに書式を作成することができます。

治験依頼者およびCROの場合

<画像をクリックすると拡大します>
治験依頼者:1社
CRO:1社
実施医療機関:2組織
IRB:1組織
SMO:なし
実施医療機関、IRB、SMOの場合

<画像をクリックすると拡大します>
治験依頼者:2社
CRO:なし
実施医療機関:1組織
IRB:1組織
SMO:1社

IRBは、IRB委員リストが登録されており、委員長と委員1名のユーザー登録をしています。
   
     <画像をクリックすると拡大します>

※上記以外のご要望がある場合は、カット・ドゥ・スクエア担当までご相談ください。


評価版の利用条件

評価版の貸出しは、以下のすべての条件をクリアしている組織に限ります。

  • ☐ 同業他社また、参考のための申請ではない
  • ☐ 組織として初めての申込みである
  • ☐ カット・ドゥ・スクエアの利用申請前である
  • ☐ カット・ドゥ・スクエアの利用を前向きに検討している
  • ☐ 評価版の利用状況を日本医師会 治験促進センターが閲覧しても問題ない
      ※治験促進センターがデータ削除等のため閲覧する可能性があります。機密情報の入力にはご注意ください。
  • ☐ 評価版利用期間終了後、日本医師会 治験促進センターのアンケート調査に協力する

利用期間

評価版の利用期間は4週間(厳守)です。

  • 延長は受付けません。
  • 利用期間を過ぎたら、お断りすることなく治験促進センターが速やかにパスワードを変更します。
  • 利用期間終了までに新たに入力したデータは削除してください。

同時期に発行する評価版は利用者の制限をしています。利用ご希望日に添えないことがあります。
予めご了承ください。(ご希望の期間に用意できない場合は事前にご相談いたします。)

利用上の誓約事項

評価版利用にあたっては、以下のすべての事項を誓約してください。

  • ☐ 新しい組織を追加しない
  • ☐ 初期登録しているユーザーの削除や情報変更をしない
  • ☐ アカウントを貸出した組織以外は、表示があっても関連付けしない
  • ☐ 指定された治験課題および新たに登録した治験課題以外は利用しない
  • ☐ 評価版に新たに情報を追加した場合、期間終了までに削除する
      ※ただし、以下のデータは削除できません。
       ・安全性情報管理機能に利用した資料および書式書式12~16、19、20のうち、関係者に送信したデータ、
        資料のプロパティ情報(社名、作成者名等)にもご注意ください。
       ・安全性情報管理機能の送信者情報の氏名(ユーザー削除をしても残ります)

お申込み方法

  1. 画面下部の照会先[お問い合わせはこちら]ボタンをクリック。
  2. お問い合わせフォームに入力。
    ■カテゴリ:「カット・ドゥ・スクエア」
    ■お問い合わせ種別:「その他」
    ■お問い合わせ内容:「評価版利用希望、利用開始希望日」(お申込み日から10日程度あけてください)
    ■お問い合わせ者情報
  3. [入力内容の確認]ボタンをクリック。
 ※お申込みから1週間以内にカット・ドゥ・スクエア担当より利用可能日をお知らせいたします。

お申込み方法

  1. 利用申請サイト(https://ctdosdemo.jmacct.med.or.jp)の[新規利用申請]をクリック。
  2.  
  3. [利用申請サイト]をクリックし、STEP1からSTEP6を入力(申請内容確認書、契約書の提出は不要です)
  4.  <貸出しする組織種別>利用申請は、3回(SMO、CROの場合は4回)必要です。


       ・治験依頼者  × 1社

       ・実施医療機関 × 1組織

       ・IRB    × 1組織


     なお、申請組織がSMOあるいはCROの場合は、上記に加えてSMOあるいはCRO1社を追加し申請していただけます。


 ※組織管理者にアカウント(ID、仮パスワード)を付与し、ご連絡いたします。

利用期間

 原則1年とし、必要に応じて更新を行うこととします。

利用制限

  • 自組織が申請した組織のみ関連付けし、ご利用ください。
  • 「保管文書使用可能」とする担当者は5名までとしてください。

ご承諾いただく内容

  • 申請可能組織数以上の利用はできません。
    ※利用条件に違反した場合貸出しを中止する場合があります。
  • 本番環境へのデータ移行は行えません。
  • 治験促進センターでは評価版の利用により利用者または利用者による第三者に発生する不利益に対し一切の保証はいたしません。
  • 電子原本管理機能を使用した場合でもデータは削除できません。

その他

  • ライセンス管理の都合上、当センターがユーザー数の把握をしています。
  • ライセンス超過(担当者6名以上)が認められた場合削除する可能性があります。
  • 本番、デモ環境で錯誤により操作ミスを行っても当センターではリカバリーができませんのでご注意下さい。

照会先

治験促進センターに関するお問い合わせはお問い合わせはこちらをクリックし、必要事項を入力してください。

お問い合わせはこちら



ご入力いただいた個人情報(氏名、電話番号、メールアドレス等)は、お問い合わせに対する回答、及び回答にあたっての参考事項として利用させていただきます。
それ以外の目的では使用いたしません。

ページトップへ