合計25例を登録した時点で期待された有効性が得られなかったため(平成18年9月時点:評価可能18例中PR1例、奏効率5.6%)、同年10月に試験への登録を中止、平成19年3月に治験中止届を提出した。