1. Home
  2. 一般の方へ
  3. もっと知りたい治験

新しいくすりを作るために。治験ってどんなこと?

  • くすりの誕生
  • 治験の流れ
  • インフォームド・コンセント
  • 治験のルール
  • もっと知りたい治療
  • Q&A
もっと知りたい治験

もっと知りたい治験

治験参加中に注意することや、知っておかなくてはいけないことがあるんだって。

副作用について

全てのくすりには副作用があります
すでに市販されているくすりにも、治験薬にも、「治療効果」と「好ましくない作用(副作用)」があります。どのような形で副作用が現れるかはくすりによっても人によっても違います。
治験に参加する人の安全性に最も注意が払われています
治験中は通常の治療よりも詳細な診察や検査が行われます。副作用は早期に発見して適切に処置をすることで、症状を最小限にすることができます。副作用を未然に防止し、もし副作用が起きた場合にも早期発見ができるよう配慮されています。
大切なのは治験に参加する人からの申し出です
検査だけでは、全ての副作用を見つけられないことがあります。一番大切なのは治験に参加する人からの申し出です。治験薬を使い始めて、「いつもと何か違うな」と感じたら、すぐに治験担当医師にご連絡ください。

他のくすりを服用する場合

他の病院からもらったくすりや市販のくすりを服用する場合には、必ずあらかじめ治験担当医師にご相談ください。治験薬と他のくすりを一緒に服用すると、それぞれのくすりの効果が変わるなど予期せぬことが起こる場合があります。

治験参加カードの提示

他の病院や診療科を受診する場合は、治験担当医師から渡される「治験参加カード」などを提示して、治験に参加していることをお伝えください。

健康被害に対する補償措置について

治験に参加したことが原因で健康被害(副作用を含む)が生じた場合は、それに対する補償措置として迅速な処置、適切な治療を受けることができます。また、参加する治験によっては、治療に要した医療費・医療手当や補償金が支払われることがあります。なお、補償の内容は治験によって異なりますので、ご不明の点がありましたら、治験担当医師やCRC(臨床研究コーディネーター)などにお問い合わせください。

ページトップへ