利用規約

  • 治験促進センター一般向け治験啓発ツール利用規約

    本規約は、公益社団法人 日本医師会 治験促進センター(以下、「治験促進センター」という。)が運営・管理する「一般向け治験啓発ツール」を一般の利用者が利用するにあたって適用されます。治験促進センターは、利用者に対し、利用に際してあらかじめ、本規約への同意を求めます。


    第1条(定義)
    本規約において、次の用語については各号に定める意味を有します。

    (1)
    「一般向け治験啓発ツール」とは、治験促進センターが、原則として医療機関等が主催で行う治験啓発に関する活動へ貸し出すことを目的に制作した治験の啓発に関する機材および配布物、デザインデータ等のツールをいいます。
    (2)
    「一般向け治験啓発ツール貸し出し」とは、「一般向け治験啓発ツール」を原則として医療機関等が主催で行う治験啓発に関する活動へ貸し出し、各団体・組織における活動を支援するサービスをいいます。
    (3)
    「治験促進センター」は、「一般向け治験啓発ツール」の所有者ならびに「一般向け治験啓発ツール貸し出し」の運営・管理者であり、東京都文京区本駒込二丁目28番8号 文京グリーンコート17階に所在します。
    (4)
    「利用者」とは、自らが治験啓発に関する活動を行うために、「一般向け治験啓発ツール」の利用を希望し、「治験促進センター」にその貸し出しを申請し、その許可に基づき借り受け、それを利用する医療機関等の団体・組織をいいます。原則として、企業(製薬会社、CRO、SMO等)は「利用者」としての貸し出し対象外としますが、医療機関等が主催で行う治験啓発活動を目的に、医療機関等の団体・組織と共同で使用する場合は、その限りではありません。

    第2条(適用範囲)

    1. 本規約以外に、 「一般向け治験啓発ツール」を構成する内容を示すWebページならびに付帯する資料は、本規約の一部を構成するものとみなします。
    2. 治験促進センターは、利用者の承諾を得ることなく本規約の全部又は一部を改定することができるものとし、改定後の本規約は、治験促進センターオフィシャルサイト(以下「サイト」という)の「一般向け治験啓発ツールのご紹介」(URL:http://www.jmacct.med.or.jp/jma/keihatsutools/rental/tool_kiyaku.html)上に掲載されたときをもって効力を生じ、改定後の内容が適用されるものとします。

    第3条(「一般向け治験啓発ツール」の利用)

    1. 利用者である団体・組織が「一般向け治験啓発ツール」の利用を希望する場合は、原則としてサイト(URL:http://www.jmacct.med.or.jp/jma/keihatsutools/rental/introduction_application.html)に掲載された所定の方法を用いて申請を行い、治験促進センター管理者が許可した場合にのみ利用できるものとします。
    2. 治験促進センターによる許可に当たっては、予め本規約のほかサイトに掲げる「貸出に関する注意事項」の内容に対し、利用者の同意を求めるものとします。
    3. 「一般向け治験啓発ツール」の貸出のために利用者に求められる費用は、ツール貸出時・返却時の宅配費用を除いて、原則として無償とします。
    4. 「一般向け治験啓発ツール」の具体的な運営方法は、サイトに掲載するところに従うものとします。

    第4条(「一般向け治験啓発ツール」の管理)

    1. 利用者である団体・組織は、自己の責任下に行われるイベント等において一般向け治験啓発ツールを厳格に管理する責任を負い、これを第三者に使用させること又は譲渡することはできません。
    2. 「一般向け治験啓発ツール」の偽造、盗用、不正使用、無権限使用その他の事故があった場合でも、治験促進センターは、かかる事由により生じた損害の責任を負いません。
    3. 利用者の借り受け中に「一般向け治験啓発ツール」の破損・盗難等を受けた場合には、すみやかにその旨を治験促進センターに届け出るものとします。 破損、汚れおよび盗難においては、利用者の責任下に、「一般向け治験啓発ツール」の原状復帰を行うこととします。

    第5条(申請情報の利用)

    治験促進センターは、「一般向け治験啓発ツール」利用希望者による利用申請から得た情報のうち個人情報を除くものについて、申請者の承諾なしに、必要に応じて第三者に開示し、又は利用することができるものとします。


    第6条(運営の停止・中止)

    1. 治験促進センターは、一般向け治験啓発ツールのメンテナンス作業、機材の破損や天災などの不可抗力、その他の理由により「一般向け治験啓発ツール貸し出し」の運営を停止することがあります。
    2. 「一般向け治験啓発ツール貸し出し」の運営停止は、事前に「治験促進センターオフィシャルサイト」上にて告知されますが、緊急時はこの限りではありません。
    3. 治験促進センターは、治験促進センターの判断により、「一般向け治験啓発ツール」の貸し出しを中止することができます。この場合、治験促進センターは、「治験促進センターオフィシャルサイト」上で中止についての告知を行うものとします。
    4. 治験促進センターは、本条に定める「一般向け治験啓発ツール」の運営の停止・中止に因り利用者又は第三者の被る損害等について、一切責任を負いません。

    第7条(治験促進センターの免責事項)

    1. 「一般向け治験啓発ツール」で提供されるクイズ及び解答、解説等は、内容に十分注意して作成されています。しかし、設問及び解答、解説等に間違い、誤植、欠陥のないこと、実務上の取扱いと異ならないこと、利用者の使用目的に適合しない等の不具合のないことを、治験促進センターは保証するものではありません。かかる不具合があるときは、その旨の指摘に応じて、治験促進センターが必要に応じて訂正などを行います。
    2. 治験促進センターは、「一般向け治験啓発ツール」の提供の遅延、中断、使用中の事故等が発生したとしても、これに起因して利用者又は第三者が被る損害等について、一切責任を負いません。
    3. 治験促進センターは、「一般向け治験啓発ツール」上に掲載される情報につき、その正確性、完全性、有用性、特定目的適合性等について何ら保証するものではありません。よって、掲載情報の利用に関しては利用者自身の判断でなされるものとし、掲載情報を利用して利用者が行った行為により、利用者又は第三者に損害が生じたとしても治験促進センターは一切の責任を負いません。
    4. 「一般向け治験啓発ツール」の利用により、利用者が他の利用者又は第三者に損害を与えた場合、当該利用者の責任下にて解決するものとし、治験促進センターに一切の迷惑・損害を与えないものとします。
    5. 治験促進センターは、本規約に定める場合のほか、いかなる場合であっても「一般向け治験啓発ツール」の利用により利用者に発生した損害については、一切の責任を負いません。

    第8条(利用者の禁止行為)

    利用者、「一般向け治験啓発ツール」の利用にあたり以下の行為をしてはならないものとします。

    (1)
    他の利用者、第三者又は治験促進センターの著作権、商標権等の知的財産権を侵害する又は侵害のおそれのある行為
    (2)
    他の利用者、第三者又は治験促進センターを差別、誹謗中傷又は名誉・信用を毀損する行為
    (3)
    他の利用者、第三者又は治験促進センターの財産、プライバシー又は肖像権を侵害する行為
    (4)
    他の利用者の個人情報を収集、蓄積する行為又はこれらを試みる行為
    (5)
    ねずみ講、マルチ商法その他一切の営業活動を行うための利用又はその準備をする行為
    (6)
    公序良俗、一般常識に反する行為
    (7)
    法令に違反する又は違反するおそれのある行為
    (8)
    「一般向け治験啓発ツール」貸し出しの運営もしくは治験促進センターの運営を妨げる行為
    (9)
    自分以外の実在する者の個人情報により貸し出し手続を行う行為
    (10)
    他の利用者又は第三者になりすまして利用する又は掲載する行為
    (11)
    人種・性別・年齢等による差別を示す表現を掲載する行為
    (12)
    その他治験促進センターが不適当と判断した行為

    第9条(利用者情報の照会)

    治験促進センターは、次の各号に該当した場合、利用者の氏名・住所・電話番号等の開示を受けた上で、利用者に直接連絡することがあります。

    (1)
    利用者が前条に定める禁止行為を行った場合又は行うおそれがあると治験促進センターが判断した場合
    (2)
    その他利用者が本規約に違反し又は違反するおそれがあると治験促進センターが判断した場合
    (3)
    第11条第6項にもとづき、本人(又は代理人)であることの確認を治験促進センターが行う場合

    第10条(知的財産権)

    「一般向け治験啓発ツール」の著作権を含む全ての知的財産権は、治験促進センターに帰属するほか、利用者による「一般向け治験啓発ツール」の利用に際して、当該利用の一環として付属して追加された情報、テキスト、画像、動画、その他のコンテンツ等の著作権を含む知的財産権は、明白に第三者の権利を侵害することの証明がない限り、「一般向け治験啓発ツール」の運営・管理者である治験促進センターに帰属するものとして扱われます。

    第11条(個人情報の取り扱い)

    1. 個人情報の保護
      治験促進センターは、「一般向け治験啓発ツール貸し出し」のサービス実施中に得られた利用者の個人情報については、「個人情報の保護に関する法律」その他関連法規の定めるところに従い、滅失、毀損、盗難等のないように万全の措置を講じるものとします。
    2. 個人情報管理責任者
      治験促進センターにおける個人情報の取り扱いに関する責任者を、以下のように定めます。
    3. 公益社団法人 日本医師会 治験促進センター 個人情報取扱責任者

    4. 個人情報の利用目的
      治験促進センターは、各利用者の個人情報を以下の利用目的の範囲内で利用します。
      (1)
      「一般向け治験啓発ツール」貸し出しサービス提供のため
      (2)
      当該利用者に対し治験促進センターの事業や臨床試験に関する案内や情報の提供のための連絡を行うため
    5. 本条に不同意の場合
      利用者が本条の一部又はすべてに同意を示さない場合、治験促進センターは、当該利用者による「一般向け治験啓発ツール」の利用を拒否することが出来ます。
    6. 提供・開示等の受付方法・窓口
      治験促進センターが保有する利用者の個人情報に関する問い合わせは、以下の方法にて受け付けます。なお、この受付方法によらない開示等の求めには応じられない場合があります。

    【受付手続について】

    下記の宛先に電話、郵便又はFAX、電子メールでお申込みください。
    第三者に対する情報開示の場合は、治験促進センター所定の申込書面を提出してもらいます。

    《受付けの方法・窓口》

    • 郵便 〒113-0021
      東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート17階
      公益社団法人 日本医師会 治験促進センター 啓発担当
    • 電話 03-5319-3781
    • 電子メール
      なお、電話での受付時間は、土日祝祭日を除く平日の午前10時から午後5時までとなります。

    《本人又は代理人の確認》

    本人から申込みの場合は本人であることを証明する運転免許証・パスポート・健康保険の被保険者証・印鑑証明書等の証明書類の確認、本人への電話等により、確認することがあります。
    代理人からの申込みの場合は、代理人であることを証明する委任状の確認、本人への電話等により確認させていただきます。

    第12条(管轄裁判所・準拠法)

    利用者と治験促進センターの間で本規約に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とし、準拠法は日本法とします。

    第13条(その他)

    治験促進センターは、本規約上の地位及びこの地位より生じる一切の権利義務、又は「一般向け治験啓発ツール」に関する事業を第三者に譲渡又は承継させることができるものとします。 利用者は、治験促進センターより、この譲渡又は承継される者に対して、利用者の入力手続により入力した情報、個人情報及びコンテンツが開示されることに予め同意するものとします。


    平成22年 4月20日 制定
    平成26年 4月18日 改訂
    平成27年 6月30日 改訂