1. Home
  2. 企業治験調査
  3. 調査の種類と調査依頼企業の相談タイミング

企業治験調査

調査の種類と調査依頼企業の相談タイミング

調査の種類

調査は、「予備調査」と「施設選定調査」の2種類に分けられます。以下の特徴があります。

①予備調査(Feasiblity調査、実施可能性調査)

調査の特徴

調査依頼企業の調査目的
  • プロトコルの作成にあたり、日本の臨床現場の実態を調査しておきたい
  • 外資系製薬会社などで日本での実施の可能性を調査したい
  • 選択・除外基準を設定した場合、実際の症例登録の可能性を調査したい
調査後の特徴
  • この調査を選定にはつなげません
  • 医療機関選定調査ではないので、調査後は協力のお礼メールのみとなります

②施設選定調査

調査の特徴

調査依頼企業の調査目的
  • プロトコルや調査希望項目が固定し、効率よく医療機関選定を開始したい
  • 治験依頼者名を非公開で積極的に治験参加希望施設をピックアップしたい
  • 治験はすでに開始しているが進捗がよくないため施設を追加したい
調査後の特徴
  • この調査は医療機関選定につながります
  • 調査後約2週間で「選定」・「選定外」・「保留」のいずれかの回答が治験促進センターよりメールがあります
  • 「選定」となった医療機関について、調査依頼企業名が開示され、調査依頼企業に調査担当者(医療機関の治験窓口)情報が開示されます

調査依頼企業の相談タイミング

ページトップへ